間違いなく魅せ輝いた存在感。視線の先は太陽生命WSS昇格

2日間にわたって行われたRegional Women’s Sevens 2018 関西大会。2日目となる6月3日は前日の結果に伴うトーナメント戦が行われた。

準決勝の相手は、準々決勝で前日敗れたYOKOHAMA TKMを下し勝ち上がってきたHanazono Hollyhocks。このチームには横河武蔵野アトラスターズの松下キャプテンの妹さん松下彩乃選手が出場。そういう縁からか試合終了後にはスティーブHCや南選手、青木選手などと笑顔で交流をしていたのが印象的。

試合は前半2分、敵陣22mで青木選手のオフロードパスを受けた内野選手が走り切りトライをあげ先制。続く3分、敵陣ゴール前でのターンオーバーから齋藤選手が持ち込みトライ。5分にも敵陣で展開し、杉江選手が大外を抜いてトライ。7分には敵陣ゴール前でのターンオーバーから内野選手が持ち込みトライをあげ22対0と大きくリードして前半を終えた。

後半に入ってすぐの1分、自陣22mでのラックから杉江選手が持ち出し、走り切ってトライ。勢いに乗ったアルテミ・スターズは3分、ハーフウェー付近でラックから展開し、大外で松尾選手がハンドオフで突破しトライ。シャットアウト勝ちもと思われた6分にトライを奪われたが、32対5で見事に勝利し決勝に進んだ。

決勝戦の相手は4月28日に行われた横河武蔵野アルテミ・スターズ初試合の対戦相手でもあった自衛隊体育学校PTS。

拮抗した試合を予想していたが試合開始直後の前半1分、2分、5分と立て続けにトライを奪われ0対17とリードを許す。だが、一方的にやられているイメージはなくアルテミ・スターズの反撃は前半7分から。敵陣ゴール前スクラムから増本選手が持ち出しトライ。前半を5対17で折り返した。

前半のトライで息を吹き返したアルテミ・スターズは後半1分、自陣ゴール前ペナルティから杉江選手が大外を90m走り切りトライ。続く3分には敵陣22mから内野選手が抜け出し同点となるトライ。コンバージョンを成功させついに19対17と逆転。しかし、その後更に逆転され19対27で試合に敗れた。

試合終了後には両チームで記念撮影をするなど交流を深めていた。そして、決勝で戦ったこの2チームが11月に開催予定の太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2018入替戦への出場権を獲得。

2日間4試合を終え感じたのは、しっかりとしたディフェンスとパワーとスピードを兼ね備えアタック、それぞれの選手の経験がありチームとしてまとまっている。今回が初めての公式戦であったが確実に存在感を示せたように感じた。次の目標は入替戦での勝利、そして昇格。これからの横河武蔵野アルテミ・スターズに大いに期待したい。

村上ヴァイスキャプテン

---これからの入替戦に向けて

ここからが新たな挑戦になるので、またみんなで頑張って練習していきます。

青木ヴァイスキャプテン

---入替戦に向けて

一番にターゲットにしてきたことなのでチームにとっては良かったと思います。

---体調は

もう大丈夫です。

---これからのチームの課題は

前々からでしたけれど、個人的にはフィットネスだったりがありますけれど、チームとしてはもっとみんなが積極的になれるようなアタックであったり、システムであったり落とし込みの部分でもう少しクオリティを上げていけたらと思います。

南キャプテン

---この2日間通して南キャプテンのキャプテンシーを感じました

特に何もなくいつも通りでしたけれど、チームのみんながいつも通りのプレイができるようにサポートしないといけないと思っているので、そういう面での声掛けとか判断が求められていると思います。短い時間の中での判断は大事だなと思います。

---11月に向けてのチームの課題は

コミュニケーションは取れてきていると思います。ウチのチームは層が薄いので、層を厚くするっていうのは簡単ではないですけれど、12人誰が出ても同じパフォーマンスで戦っていけるようにしていかないとって思います。

---全体のディフェンスがよくて守り勝ったイメージ

ディフェンスで課題があるところはあるのですけれど、取られなければ勝てるので。

スティーブ・タイナマン ヘッドコーチ

---2日間を振り返って

初めての大会でしたけれど、とても良かったと思います。優勝を目指していましたけれど、ほんのわずかな部分が足りなくて届かずでしたので、太陽生命太陽生命Women's Sevens Series昇格に向けて頑張っていきたいと思います。

---今のアルテミ・スターズはどんなチーム

まだできたばかりで、チームの基本はできていないですけれど、これまで一歩ずつ上がってきているので、さらに高めていきたいです。

---今後の目標は

入替戦出場は決まりましたけれど、出るだけでなく勝って上がることが目標なので頑張ります。

撮影・取材/出本剛士(gra-d)

オフィシャルパートナー

横河電機株式会社

横河計測株式会社

​横河商事株式会社

横河ソリューションサービス株式会社

​横河パイオニックス株式会社

横河マニュファクチャリング株式会社

横河レンタ・リース株式会社

イービストレード株式会社

オフィシャルスポンサー

株式会社プロネクサス

株式会社クロスフィールド

株式会社リベスト

横河東亜工業株式会社

株式会社大山製作所

竹内運輸工業株式会社

株式会社メルコーポレーション

株式会社ジェイコム東京 武蔵野・三鷹局

本州自動車株式会社

hinmaru.png

日の丸交通株式会社

協同組合武蔵野給食センター

有限会社オフィスアーク

株式会社エヌ・エイ・シー

大塚製薬株式会社 東京支店

株式会社イーウェル

株式会社舞工房

bunshin.png

株式会社ジャパンビバレッジイースト

有限会社ケイ・エステイト

株式会社文伸

youiengi.png

株式会社ユー・アイ・エンジ

㈱トスク東京.png
1.png
東急REIホテル.png

株式会社トスク東京

​エヌケイエス株式会社

株式会社関東東急ホテルズ

ユニフォームスポンサー

株式会社

ジャパンユニティーロジスティックス

株式会社ジェイコム東京 武蔵野・三鷹局

オフィシャルサプライヤー

株式会社WRS JAPAN

megalos.jpg

野村不動産ライフ&スポーツ株式会社

〒180-0006 東京都武蔵野市中町2-11-13 三鷹ビル3階
 横河武蔵野Artemi-Stars
お問い合わせは artemistars-info@yokogawa-musashino-sports.club までお寄せください

Copyright ©YOKOGAWA 2017