太陽生命ウィメンズセブンズ2018入替戦準優勝しコアチーム昇格!

11月18日、日本体育大学健志台グラウンドで行われた太陽生命ウィメンズセブンズ2018入替戦。アルテミ・スターズは今季の目標として、この入替戦でコアチーム昇格を掲げてきた。その目標に挑んだこの日。

プール戦第1戦は四国大学7人制女子ラグビー部。少ない人数の中戦い、リージョナル関東大会ではケガ人が出て途中残念ながら棄権となったものの経験豊富で実力と経験があるチーム。

最初の試合ということもあってアルテミ・スターズの選手たちにも硬さが見られたものの27対7と勝利。久しぶりに試合出場をした杉江選手は「久しぶりの試合で最初は緊張していましたがもう大丈夫です」と笑顔で語っていた。

第2戦は太陽生命ウィメンズセブンズ2018で11位となりこの入替戦に回ってきたチームで、降格を免れたいとともに、これまで上位のチームと戦い続けてきて経験もあるチーム。

拮抗した展開の中、青木選手、松尾選手がトライを挙げ、しっかりとしたディフェンスで12対0で勝利し決勝トーナメントに進出を決めた。

準決勝は名古屋レディースとの対戦。先制したものの追いつかれはしたが、その後確実にトライを重ね35対14で勝利し決勝に進むとともに、この時点で2位以上が確定しコアチーム昇格が決定した。選手たちの表情からは勿論喜びもあったがそれ以上に安堵という感じが強く、サポートをする阿部コーチは「これまでコアチームで戦ってきたメンバーもいますし、上がってこそだと感じていたのでは」と話をしていた。

決勝戦はリージョナル関西大会、美作の女子ラグビーセブンズ交流会で共に決勝で敗れた自衛隊体育学校PTSとの対戦。後半途中まで3トライを奪われリードを許したものの、なんとしても雪辱をと気合が入っていた選手達。高野選手が2トライを挙げ追撃ムードになるもののスタミナ豊富な自衛隊体育学校は追撃を許さず10対24で敗れ2位が確定した。

敗れはしたものの圧倒されたわけではなく勝てない相手ではないように感じた試合だった分、悔しさを感じ、試合後に選手達もその悔しさから昇格の喜びよりも負けた悔しさを滲ませていた選手が多かった。

去年の12月に行われた練習の時、他に加入が決まっていた選手はいたが、参加した選手は3名。そこからの始まりでこの1年で徐々に人が集まり、それぞれ違う環境の中、練習と試合を重ねチーム結成初年度でコアチーム昇格を決めたアルテミ・スターズ。試合終了後には応援に駆けつけた山崎部長から「夏合宿の時に、自分たちの力で勝ち取ってこそという話をさせてもらいましたが、見事に結果を作ったことに対して、これから先は我々が応えていかないといけない」と選手達に話があった。

コアチーム昇格は目標であったもののゴールではなく、ここからがスタート。12月に始まる15人制も含め、ここから先より高みに向け高い目標に向け矢を放っていくことを期待したい。

南キャプテン

---昇格と誕生日おめでとうございます

ありがとうございます

---3回自衛隊体育学校と当たり、今日も敗れはしましたが決して差があるようには感じなかった

結構敵陣でのプレイも多かったですし良かったと思います。でも、昇格を決めて安心したというのもあったと思いますし、勝ちきれないところは前からですがチームの課題だと思うので克服していかないといけないと思います。

---コアチーム昇格ではありますが、選手としてはその中で試合をしてきた選手もいる

このチームとして、コアチームを体験できるという部分で大きいですし楽しみでもあります。

---1日で4試合というのはどうでした

滅茶苦茶きつかったです。4試合はなかなかないですね。

---今までは選手の入れ替えも多かったですが、今日はほぼほぼそのままで試合が続いた

出ているメンバーはメンバーで出ている責任を果たさないと、この中に入れなかった選手もいる中で、試合数が多いからとかでより、そういう人達に対しての責任として果たさないといけないと思っていました。

逆にジャージはもらえたもののベンチにいたメンバーは、何故ベンチにいたのか、どこを変えていけばいいのかを考えてもらえたらとも思います。そうすることによって12人で戦えるようになるので。それをベンチにいたメンバーには私は感じてほしいと思います。ノンメンバーだった人達は腐らずにサポートとか練習にも協力してくれて、一緒に頑張ってくれているからこそ、その勢いは変えずに、私は今レギュラーでやらせてもらっている立場ですけれど、ノンメンバーだった人達には「私が出たらもっとこうできる」と思いながらやってもらえたらと思います。それがチームの厚みになっていくと思います。

---女子の場合、オフシーズンなくそのまま12月からは15人制が始まります

私は15人制がずっとやりたかったので楽しみでワクワクしています。15人制を得意としている選手も多いので、そこはうちの強みを活かせると思います。準備期間が短いので、まずはどこまでできるのか、そして7人制をやってきた人達は15人制の楽しさを感じてもらえたらいいかなと思います。

---合同チームとして試合、アルテミ・スターズだけでも

15人制になると難しいですね。ポジション的な問題もあるので。

とりあえず昇格できて良かったです。

---チーム始動の時にインタビューをさせてもらった時に、「何もなくても下から勝ち上がっていくだけです」と話していて、今回まず一つの目標を達成して、ここから更に上がっていくという先に見えるものは

人に敷れたレールを歩いていても仕方がないので。自分たちで道を切り開いていこうとしているので、新しいチャレンジを作って歩んでいけたらいいなと思います。

スティーブ・  タイナマン ヘッドコーチ

---昇格おめでとうございます

今年の目標だったので嬉しいです。早く色々進めすぎたとも思いますが、その中でもしっかりと積み上げられてきたかなと思います。

---自衛隊体育学校と3回決勝で対戦で勝ちきれなかった部分は

そこを勝つことが大事と試合前に話をしていました。今日初めて4試合した中、自衛隊はスタミナがあって早い。4試合目になってどうなるかなと思っていましたが変わらず早かった。そこは素直に凄いことだと思います。

---コアチームに上がるとより強いチームとの試合になってきます

もっともっと強くならなければいけないですし、最初だったのでどういう選手でも受け入れたりした部分はありましたが、これからはより厳しい選考とより強い練習をしていかないといけないと思います。

最初はパスすることから教えたことからスタートしたことを考えたら素晴らしい結果です。

---15人制に向けては

15人制はうちは結構戦えると思います。15人制が初めての人もいますけれど、7人制でここまで重ねてきたベースがあるので15人制はもっと上を狙えるんじゃないかと思います。挑戦していくだけです。問題があるとしたら15人制のフィットネスができていないところです。最初の20分は問題ないけれど、その後どうなるか(笑)

---次の目標は

太陽生命ウィメンズセブンズに向けてしっかり準備を重ねて、15人制はワールドカップもあるのでそこに向かっていけるように代表に入る選手もいるのでしっかりと作り上げていきたいと思います。

アトラスターズ、アカデミー含めてクラブなのでみんなで強くなっていけたらと思います。ドウモアリガトウ。

撮影・取材/出本剛士(gra-d)

オフィシャルパートナー

横河電機株式会社

横河計測株式会社

​横河商事株式会社

横河ソリューションサービス株式会社

​横河パイオニックス株式会社

横河マニュファクチャリング株式会社

横河レンタ・リース株式会社

イービストレード株式会社

オフィシャルスポンサー

株式会社プロネクサス

株式会社クロスフィールド

株式会社リベスト

横河東亜工業株式会社

株式会社大山製作所

竹内運輸工業株式会社

株式会社メルコーポレーション

株式会社ジェイコム東京 武蔵野・三鷹局

本州自動車株式会社

hinmaru.png

日の丸交通株式会社

協同組合武蔵野給食センター

有限会社オフィスアーク

株式会社エヌ・エイ・シー

大塚製薬株式会社 東京支店

株式会社イーウェル

株式会社舞工房

bunshin.png

株式会社ジャパンビバレッジイースト

有限会社ケイ・エステイト

株式会社文伸

youiengi.png

株式会社ユー・アイ・エンジ

㈱トスク東京.png
1.png
東急REIホテル.png

株式会社トスク東京

​エヌケイエス株式会社

株式会社関東東急ホテルズ

ユニフォームスポンサー

株式会社

ジャパンユニティーロジスティックス

株式会社ジェイコム東京 武蔵野・三鷹局

オフィシャルサプライヤー

株式会社WRS JAPAN

megalos.jpg

野村不動産ライフ&スポーツ株式会社

〒180-0006 東京都武蔵野市中町2-11-13 三鷹ビル3階
 横河武蔵野Artemi-Stars
お問い合わせは artemistars-info@yokogawa-musashino-sports.club までお寄せください

Copyright ©YOKOGAWA 2017