OTOWAカップ 第31回関東女子ラグビーフットボール大会辞退について

1月7日に政府より発出された緊急事態宣言を受け、 当チームでは、クラブメンバーの安全を第一に考え、

社会情勢を鑑みて緊急事態宣言が解除されるまで活動を停止、大会辞退とすることとなりました。

◎佐藤幸士 横河武蔵野アルテミ・スターズ 部長

「日頃より横河武蔵野アルテミ・スターズを応援くださり誠にありがとうございます。

この度、クラブの決定事項として関東大会への出場を辞退することといたしましたので報告いたします。

当横河武蔵野アルテミ・スターズはクラブチームであり構成するメンバーは学生から社会人、

また選手・スタッフが居住する地域も広範囲にわたる多様なメンバーにて構成されています。

ここのところの新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大をみると、今はステイホームが重要であり、

クラブメンバーの安全を第一に考え、また緊急事態宣言が発令される社会情勢を鑑みて

クラブの活動は一旦停止すべきと判断いたしました。

応援いただいている皆様には誠に恐縮ですが、ご理解いただければ幸いです。

活動再開となりましたらまた変わらぬ応援をよろしくお願いいたします。」

 

選手・スタッフ一同、出場にむけて準備をして参りましたが、

想定を上回る緊急事態に苦渋の決断をせざるを得ない状況となり、

開催を楽しみにされていた皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

今後も引き続き新型コロナウイルス感染症の早期収束に向けて最大限の努力をしてまいります。

※関東ラグビーフットボール協会HP:https://www.rugby.or.jp/news/article/1119/?category=women