横河武蔵野アルテミ・スターズ第1期生で第1号の安藤穂花選手。発足したばかり真っ新な状態のチームに入った理由、これからの思いを聞かせてもらった。緊張し話が苦手と言いながらも、すべてに明確な意思を持っていた。

---ラグビーを始めたのは
小学校1年の時に武蔵野ラグビースクールに入ってからです。

---そこから小中高と
中高はバスケをやりながら、大学生になってからラグビーだけになりました。

---大学ではどこで
明治大学の準公式ですけれど体育同好会連合会和泉ラグビー部で、試合には出られないのですけれど練習に参加させてもらっています。

---高校は
ラグビー部が高校になく、バスケ部に入りながら世田谷レディースでやっていました。あとはセレクションを受けて関東選抜で試合に出たりしていました。

---プレイをするということだけでも難しかったりする中で、それでもラグビーをやりたいと思う根源は
やっぱり一番楽しいスポーツかなって思います。前はパス繋いで繋いで点を取るというところに魅力を感じていましたけれど、最近思うのは仲間のために体を張るところ。どのシチュエーションおいても体を張ることが欠かせないので、そこは他にない魅力で気持ちが試されている気がします。
 

派手なプレイより縁の下の力持ちとしてチームに貢献したい

---真っ新な横河武蔵野アルテミ・スターズを選んだ理由は
地元でスクール時代(武蔵野ラグビースクール)に、ここのグラウンドで練習試合させてもらったりで親しみあるある場所で、そこに女子チームができると聞いて耳を疑いました。丁度、チームを探している時で地元でできる近さと、縁があるかなという思いで決めました。

---アルテミ・スターズに段々と人が集まり、その中で日本代表の選手がいたりという部分に対しては
凄く刺激があります。4月から一緒に練習できるのは本当に楽しみです。

---これからプレイヤーとしては
これまでロックとしてやってきて、次はフランカーに挑戦したいと思っています。凄く目立つ選手ではないけれど、縁の下の力持ちとして、影でたくさん動いてチームに貢献したいと思っています。

---若い時って目立ちたいって思う人が多いですけど
派手なプレイとかできないので(笑)点を取ったりではないですけれど、関東選抜の監督とかに「よく動いていたね」って言ったりしてもらえて見てくれているんだって思えて、無駄じゃないんだって思えました。

---ロックとしての難しさは
スクラムが難しかったです。高校から15人制を始めたのですけれど、スクラムを満足に組めるようになるのに2年ぐらいかかりました。3年生になってスクラムの面白さを感じられました。できた時にプロップの選手と一緒に喜び合えたりで楽しさと難しさを感じました。

---アルテミ・スターズへの思いは
新しいチームに入って心機一転なので、色々解らない事あると思いますし、チームも模索中だと思います。その中で動じないようにしたいですし、どんどん色々な事に挑戦したいです。
フランカーをやらせてもらうのも、新しい自分になるというの変ですけれど、変わりたいっていう気持ちで違うポジションをっていうのもあります。
スチィーブHCがよく練習中に「どんどんチャレンジしろ、ミスするために練習している」って言って、それが印象に強く残っています。全然できないなって思うこともありますけれど、どんどんチャレンジして、どんどん失敗して、どんどんレベルアップしていきたいと思います。


<撮影・取材/出本剛士>