Match(マッチドットコム)とwithアプリを5つのポイントで比較!

有名婚活アプリ「Match(マッチドットコム)」と大人気のマッチングアプリ「with」を5つのポイントで比較しました。

婚活(マッチング)アプリの利用を検討するうえで気になる

  1. 基本料金
  2. 会員数
  3. 男女比
  4. 年齢層
  5. 利用目的と結婚への意識の高さ

以上のポイントについて比較しながら、両アプリの良い部分から悪い部分まで正直にお伝えします。

マッチドットコムとwith、婚活するならどちらのアプリがいいの?という方はぜひ参考にしてみてください!

「Match」と「with」を5つのポイントで比較しました!

1.料金で比較 プランごとの月額基本料金で比較しました
2.会員数で比較 全体の会員数(登録者数)で比較しました
3.ユーザーの男女比で比較 ユーザーの男女比で比較しました
4.ユーザーの年齢層で比較 ユーザーの年齢層で比較しました
5.利用目的と結婚への意識の高さで比較 婚活や出会いに対する真剣度で比較しました

以上5つのポイントでMatch(マッチドットコム)とwithアプリを比較しています。タップ(クリック)すると気になる項目へ飛べますので、知りたい項目からチェックしてみてください。

「Match」と「with」を基本料金で比較!

※すべて税込 Match(男女共通) with(男性のみ)
1週間プラン なし 1,400円~(※21歳以下限定)
1ヶ月プラン 4,490円/月~ 3,600円/月~
3ヶ月プラン 3,990円/月~
(11,970円~)
3,000円/月~
(9,000円~)
6ヶ月プラン 2,790円/月~
(16,740円~)
2,217円/月~
(13,300円~)
12ヶ月プラン 1,690円/月~
(20,280円~)
1,833円/月~
(22,000円~)

マッチドットコムが男女ともに同額の定額課金なのに対し、withは男性は定額課金ですが女性は基本無料で利用可能です。(有料オプションあり※950円/月~)

男女とも定額課金のユーブライドはユーザーの結婚へ対する真剣度が高めで、そうした女性を求める真剣な男性が集まりやすいという相乗効果があります。

withは女性が無料で利用できる分、全体的な結婚へ対する真剣度という点ではマッチドットコムに分があるでしょう。

料金としては12ヶ月プラン以外はwithの方がリーズナブルに利用できるので、お試しも含め数ヶ月間できるだけコストをかけずに使ってみたい人にはwithがおすすめです。

また、withには21歳以下のユーザー限定で1週間1,400円で利用できる特別プランがあるので、初めて利用する方がまずこれでマッチングアプリとはどういうものか?を知るのにもいいですね!

「Match」と「with」を会員(ユーザー)数で比較!

Match with
累計登録者数 日本国内250万人以上
(世界で1,500万人以上)
700万人以上

単純な会員数でいうとwithの方がかなり多くなっていますが、婚活アプリとマッチングアプリではそもそもの目的や市場が異なるため、必ずしも会員数に比例して出会いやすくなるというわけではありません。

また、withの場合は会員数に対して結婚への意識が高いユーザーが多いわけではないので、その中から真剣な婚活ユーザーを探したり出会ったりというのはそう簡単ではありません。

婚活という目的に対して真剣なユーザーを探すのであればユーブライドの方が効率よく出会いを見つけられるでしょう。

本気で婚活をしたいのか?恋人探しがしたいのか?遊び相手を探してるのか?など、会員数よりも目的の方が重要になってくるのは間違いありません。

「Match」と「with」を男女比で比較!

※男女比に関しては都度変動があるため、参考程度にお考え下さい。

Match with
会員の男女比 男性:約55%
女性:約45%
男性:約64%
女性:約36%

ユーザーの男女比でいうとwithの方が男性比率が高く、マッチドットコムは男女比がほぼ同じような割合となっています。

男性ユーザーの場合、withはライバルが多いのでは?と思いますが、元々の会員数が多く女性ユーザーの選択肢が多いので、ライバルの多さが出会いやすさに影響を与えることはほぼありません。

「Match」と「with」を年齢層で比較!

Match with
主な利用者層 男性:30代前半~40代中盤
女性:30代前半~50代前半
男性:10代後半~30代前半
女性:10代後半~30代前半

年代別のボリュームゾーンとしてはMatchは男性が40歳前後、女性が30~40代です。一方のwithは男女ともに10代後半から20代後半となっています。

withは男女とも20代のユーザーが60~70%以上と圧倒的に多くなっており、学生ユーザーの割合も高く20代までのユーザーが同年代のお相手を探すにはおすすめのアプリといえます。

一方でマッチドットコムはアラサー以降で結婚への意識が高い方であれば、アラフィフ世代まで幅広く結婚相手を探すことが可能ですが、20代までの若いお相手とのマッチングはなかなかハードルが高いというのが正直なところです。

「Match」と「with」を婚活への意識で比較!

Match with
主な利用目的 婚活・恋活 恋活・婚活
結婚への意識 高め それほど高くはない

マッチドットコムは結婚に対する意欲の高い適齢期のユーザーが多く、ユーザーの中には1年以内での結婚を希望する方もたくさんいるなど、他の婚活アプリと比べても真剣な方が多い印象です。

withはユーザーの年齢が若いこともあり、はじめから結婚を意識して利用しているユーザーはさほど多くありません。

同世代の相手との恋活や遊び相手探しにはいいですが、アラサー以降の方が婚活目的で使うのであればマッチドットコム一択になるでしょう。

「Match(マッチドットコム)」がおすすめなのはこんな人!

  • 1年以内の結婚を目標に婚活に取り組みたい人
  • 結婚に対する意識の高いお相手との出会いを求めている人
  • 30代以降で同年代のお相手との出会いを求めている人
  • 50代以降でも真剣に婚活を考えている人

Match(マッチドットコム)の公式サイトはこちら

「with」がおすすめなのはこんな人!

  • 10代後半から20代で恋活や遊び相手探しが目的の人
  • 相手の好みやタイプ、相性などを知ったうえでやり取りしたい人
  • いろんな人とたくさんマッチングしたい人
  • 無料で恋活したい女性

withの公式サイトはこちら

まとめ

有名婚活アプリ「Match(マッチドットコム)」と大人気のマッチングアプリ「with」を5つのポイントで比較しました。

どちらも有名なアプリなのでMatchとwithを比較検討する方は少なくないのですが、こちらも大人気の婚活アプリ「Omiai」をMatch(マッチドットコム)と比較する方も多いんです!

詳しくは「Match(マッチドットコム)とOmiai(オミアイ)を5つの項目で比較しました!」にまとめていますので、よかったらこちらもチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました